三好堂は、明治の頃から仙臺の中心部新伝馬町で日本の美を人形を中心に皆様にご紹介してまいりました。

link

江戸時代に入り、勢力の中心が貴族から武家に移るとともに、「菖蒲(しょうぶ)」の音が、武を重んじる「尚武(しょうぶ)」と同じであることから、「端午の節句」は、「尚武(しょうぶ)」の節句として、武家の間で盛んに祝われるようになりました。この節句は、家の後継ぎとして生れた男の子が、無事成長していくことを祈り、一族の繁栄を願う重要な行事となったのです。3月3日のひなまつりが、女の子のための節句として花開いていくのに呼応するように、5月5日の端午の節句は、男の子のための節句として定着していきました。日本の五節供のひとつ端午の節句に、子供のお守りとして、また、子供が強く健やかに育つように…願いを込めて飾ります。

五月人形

 こだわり商品の紹介

美味しい地酒は、この器で

「福ふだ」

京都老舗の版画屋さんの「千社札」勢揃い。

越後三条の青紙・・・といえば逸品

の代名詞、鰹節削り器です。

まずは卵かけご飯で至福のひとときを・・・

◆おしらせ

  • 2017/03/15 三好堂特選 「五月人形」

    桃の節句は、女の子の節句として。

    端午の節句は、男の子の節句として。

    どちらも子供たちの成長を願って行われてきた日本古来の行事です。

     

    端午の節句お祝いの品々。是非、お店で見て頂きながらお選びになってはいかがでしょうか。どの品も匠が心を込めて作り上げた作品ですので、きっと満足いただけると思います。

  • 2016/12/20  三好堂 新春恒例初売り

    新春恒例初売り

    三好堂恒例新春初売りは、1月2日(月)朝9:00~より、

    1月3日(火)は朝10:00~より営業となります。

    初売り二日間は、三好堂特選のひな人形を全品20%オフにて販売いたします。

     

  • 2016/07/01  ご利益、御利益。

    日本人の一番好きな神様は、「福の神」。人間だれしも災いは、避けて通りたいと願っているものですね。そんなみなさんに是非お持ちいただきたいのが、このお守りです。ご利益も期待できますが、そのお守り袋のデザインが、まさに日本らしさを醸し出し、さりげないオシャレ感を見せてくれています。私たちの心に流れる福の神。ご自分だけでなく、親しい方にも届けたくなる一品です。

三好堂

[五月人形・雛人形販売]

仙台市青葉区中央二丁目2-29

TEL.022-261-2361

mail:info@miyoshido.aoba.sendai.jp

日本古来の匠の技と伝統美を皆様に…

三好堂[五月人形・雛人形販売]

仙台市青葉区中央二丁目2-29

TEL.022-261-2361 FAX.022-261-2374

mail:info@miyoshido.aoba.sendai.jp

[営業時間]10:00~18:00 [定休日]不定休

copyright© 2011 Miyoshido. All Rights Reserved.